尿道カメラによる撮影画像

人体断面図


●動画No.n01                                2014.3.5 追加
 初めて尿道内を撮影した映像です。
 画像はあまり鮮明ではありませんが、外尿道口から進入し、12〜13cm位の所まで入っています。
 この部分は尿道海綿体部と呼ばれている箇所です。
      動画n01(640x480、1min15sec、31,246KB)
●動画No.n02                                2014.3.5 追加
 No.n01の撮影箇所よりもさらに奥へ入り、前立腺部の映像です。
 前立腺部では、精丘と呼ばれる高まりがあるのが確認でき、そこを通り過ぎると、やがて膀胱の
 大きな空間が現れます。
      動画n02(640x480、24sec、9,976KB)
●動画No.n03                                2014.3.5 追加            
 膀胱内の映像です。膀胱内は尿で満たされているため、水中撮影になります。
 カメラで尿道を傷付けないように先端を保護しているので視野が狭くなってしまいましたが、
 膀胱の内壁には網目状の毛細血管があるのがはっきりと映し出されています。
      動画n03(640x480、55sec、24,911KB)
●動画No.n04                                2014.8.2 追加
 No.n01の映像が不鮮明だったので、カメラに少し工夫を加えて再撮影しました。
 映像は前回と同じ尿道海綿体部と呼ばれている箇所ですが、尿道壁は赤い部分と白い部分が
 霜降り状になっていることが分かります。
      動画n04(640x480、32sec、8,330KB)
●動画No.n05                                2015.1.26 追加
 外尿道口から尿道海綿体部、尿道隔膜部を経て前立腺部の精丘に至るまでのノーカット映像
 です。
      動画n05(640x480、1min26sec、25,060KB)
●動画No.n06                                2015.1.28 追加
 動画n02では不鮮明でしたが、もう少し鮮明な精丘の映像が撮影できました。
 精丘の頂上部には前立腺小室と呼ばれる縦長のくぼみ状の開口部が見られます。
 その斜め下の側面付近には左右一対の射精管口があるのですが、この映像ではなかなか
 分かりにくいようです。
      動画n06(640x480、2min52sec、46,340KB)
●動画No.n07                                2016.2.18 追加
 動画n06ではよく分からなかった射精管口の位置を確認するため、実際に射精する瞬間を撮影
 してみることにしました。
 射精が近づくと、オーガズムの高まりに比例するように尿道内に前立腺液(やや白濁した液体)
 が充満し始め、オーガズムのピーク直後に白い精液が噴出し始めます。
      動画n07(640x480、1min55sec、26,338KB)
●動画No.n08                                2016.2.18 追加
 射精の瞬間をもう一度撮影しました。
 白い精液が精丘側面の左右両側から噴出している様子がとらえられています。
 尿道内から射精の瞬間を撮影した映像は、他ではなかなか見られないものだと思います。
 人体の構造や射精のメカニズムを理解する上で貴重な映像ではないでしょうか。
       動画n08(640x480、48sec、10,259KB)



大腸カメラによる撮影画像のページ


TOPへ